本文へスキップ

奄美マングースバスターズ/マングースの完全排除まであと一歩

 

奄美マングースバスターズ/完全排除までもう一歩

世界初!マングース完全排除まであと一歩

 奄美大島の面積は712ku、こんなに大きな島で外来種哺乳類を完全に排除できた例は、世界でもほとんどありません。本来マングースは南アジアに生息する動物でしたが、現在ではカリブ海の島々やハワイなど、たくさんの島に外来種として定着しています。そうした島々でも、マングースがもともといた生きものを食べてしまったり、農業に被害を与えるなど問題になっています。

 これまでに、マングースの完全排除に成功した例は、面積4ku以下の小さな島だけです。奄美大島のように大きな島で完全排除が達成されれば、世界初の快挙となり、マングースで困っている世界中の人たちにとっても大きな希望となるでしょう。この快挙を達成するためにはまだまだたくさんの課題がありますが、あと少しでその夢が叶いそうです。あと一歩です。

マングースは減っている?

 奄美大島ではこれまでに、32,000頭以上のマングースが捕獲されてきました。奄美マングースバスターズが活動を開始した2005年から、わなの数は大幅に増えているにも関わらず、マングースの捕獲数は、減り続けています。

 マングースの生息密度(面積当たりに何頭いるか)の変化を知るためには、CPUEという数値を使います。CPUEは「のべ1,000個のわなで何頭のマングースを捕ったか」という指数です。野球に例えればマングースの捕獲数は「ヒットの数」、のべわな数は「打席数」、CPUEは「打率」にあたります。このCPUEを年度毎比較すると、ここ数年でマングースの生息密度が明らかに減少していることがわかります。

奄美マングースバスターズ/マングース捕獲数
のべわな数(折れ線グラフ)とは、わなを設置したのべ日数で、例えば100個のわなを10日間設置すると1,000わな日になります。マングースバスターズの活動開始以来、のべわな数は急増ししています。捕獲数(棒グラフ)は捕獲開始以降減少傾向にあり、特にここ数年は著しく減っています。
奄美マングースバスターズ/CPUE
CPUEは、1,000わな日あたりのマングース捕獲数であり、マングース生息密度を反映する指標です。CPUEは急激に低下しており、マングースが少なくなっていることがわかります。



奄美マングースバスターズ/確実に減らしている

捕獲地点は変わっている?


奄美マングースバスターズ/捕獲地点の変化
 マングースの捕獲地点の経年変化を見ると、島の中央部にたくさんいたマングースが、徐々に数を減らし、分布域が縮小していったことがよくわかります。

 龍郷町と奄美市名瀬にまたがる半島部では、マングースの捕獲地点が徐々に少なくなり、2012年度には捕獲数がゼロになりました。この地域では、マングースの排除が達成できた可能性があります。

奄美マングースバスターズ/狭まる分布

マングースは完全排除できる?

奄美マングースバスターズ/推定個体数
 継続的に捕獲作業を進めてきたことで、2000年頃には約10,000頭が生息していた奄美大島のマングースは、2012年には上限値でも300頭以下にまで減少したと推定されています。 しかし、残りわずかになったマングースを捕りつくすことが、本当にできるのでしょうか?その疑問にこたえるため、将来を予測してみました。その結果、このままのペースで捕獲が続いた場合、マングースは今後も減少を続け 2020年頃にはほぼゼロになると予測されました。実際には、数が少なくなればなるほどマングースを捕獲することは難しくなるので、予測どおりにはいかないかもしれませんが、完全排除はもう遠くない未来に見えています。


奄美マングースバスターズ/完全排除できる

世界自然遺産登録候補地  〜奄美・琉球〜

 2013年1月、奄美や琉球のすばらしい自然を人類共通の遺産として将来にわたり保護していくため、「奄美・琉球」を世界自然遺産の登録候補地とすることが正式に決定され ました。
 世界遺産とは、世界遺産条約に基づき、世界で唯一の価値があると認められ世界遺産一覧表に記載されたもので、文化遺産や自然遺産などがあります。
 今後、「奄美・琉球」の世界自然遺産の登録に向け、国立公園の指定や希少種の保護、外来種対策など様々な取組について、関係者とともに一層進めていくことが必要となります。
 奄美大島のマングース防除事業は、奄美本来の豊かな生物多様性を取り戻すために不可欠な取組であり、世界自然遺産登録を目指す上で欠かせないものです。引き続き、マングース防除事業を着実に進め、世界自然遺産の登録実現に寄与していきます。

一般財団法人自然環境研究センター

奄美大島事務所

〒894-0008
鹿児島県奄美市名瀬浦上1385-2

TEL 0997-58-4013

MAIL amamiooshima_jwrc@feel.ocn.ne.jp